空手プログラマー

空手プログラマーが何でも紹介するサイトです!

アプリの証明書情報を取得する方法

time 2017/07/30

みなさんこんにちは!!

今回は、私がアプリ開発をしているときに使用した、アプリの証明書情報を取得する方法を紹介します。「ドロイド君」の画像検索結果

アプリの証明書情報とは?

 

「デジタル署名を検証することで、データの完全性およびデータが本物であることをチェックできます。データの「完全性」とは、データが変更されたり、改変されたりしていないことを意味します。 また、データが「本物である」とは、そのデータが、データを作成して署名したと称する人物から実際に渡されたデータであることを意味します。」(オラクルホームページより)

つまり、この証明書があることで、そのアプリのデータが変更されたり、改ざんされていないということを証明することができます。

また、データを作った人から渡されたデータだと証明してくれるもの。

人間でいうと身分証明書(マイナンバーなど)のようなものです。

 

アプリの証明書の作成

では、アプリの証明書を作成していきたいと思います。

アプリの証明書を作成するには、JDKの「keytool」という機能を使用します。

まず、コマンドプロントを管理者で実行して下さい。(コマンドプロントを右クリックで管理者として実行です。)
そして、JDKがあるフォルダに移動します。

<実行するコマンド>

1 『cd C:\Program Files\Java\jdk1.7.0\bin』
JDKの保存してあるディレクトリに移動します。
※jdk1.7.0のところは適宜自分のコンピューターにあったバージョンにしてください。

2 『keytool -genkey -v -keystore C:\Users\cocoism\.android\pjrdev.keystore -alias pjrdev -keyalg RSA -validity 10000』
keytoolで証明書を生成。

3 キーストアのパスワードを入力してください:「パスワードを入力する」

4 新規パスワードを再入力してください: 「パスワードをもう一度入力する。」

5 姓名を入力してください。 「姓名を入力する 例:JiroTanaka」

6 組織単位名を入力してください。 「個人の場合はpersonalと入力する」

7 組織名を入力してください。  「個人の場合はpersonalと入力する」

8 都市名または地域名を入力してください。 「住んでいる市町村名 例:Otemachi」

9 都道府県名を入力してください。 「住んでいる都道府県名 例:Tokyo」

10 この単位に該当する2文字の国コードを入力してください。 「国コード 例:日本なら JP」

筆者はここで電話番号の国コード81と入力してしまったw

11 CN=JiroTanaka, OU=personal., O=persoal, L=Otemachi, ST=Tokyo, C=JPでよろしいですか。 「いいなら はいと入力する」

12 の鍵パスワードを入力してください
(キーストアのパスワードと同じ場合はRETURNを押してください):「パスワードを入力する」

13 新規パスワードを再入力してください: 「パスワードをもう一度入力する」

ここで証明書の作成は終わりです。

作成した証明書の表示

次に作成した証明書の表示を行います。
14 『”c:\Program Files\\Java\jdk1.7.0_13\bin\keytool” -list -v -keystore “c:\Users\(ユーザー名)\.android\pjrdev.keystore”』

※jdk1.7.10の部分は先ほど指定したものと同じバージョンを使用してください。

15 キーストアのパスワードを入力してください: 「先ほど設定したパスワードを、入力する」

16 証明書のフィンガプリント

MD5:~

SHA1:~

SHA256 :~

 

これで証明書が表示されたと思います。

まとめ


どうでしたか?
証明書を発行することができましたか?
この証明書は様々なところで使われるのでコピペしてメモ帳などに張り付けておくと便利ですよ❗

 

参考になる本

down

コメントする